日常使いに“和モダン”下駄はいかが 静岡県産ヒノキや本山茶染めも

2020年07月08日(水)

地域暮らし・生活

毎日のお出かけを下駄でおしゃれに。

静岡市の百貨店で“和モダン”な下駄の販売が始まりました。

松坂屋静岡店で8日から期間限定で販売が始まったのは、モダンな下駄を扱う静岡のブランド「mizutori」です。

現代のライフスタイルや生活シーンにあった下駄は国外でも人気です。

本谷育美アナウンサー 「見た目もカラフルでかわいらしいですし、実際に履いてみると鼻緒がしっかりと太いので安定感もあって履き心地もいいですね」

一番人気は6.5センチのヒールタイプ。

鼻緒にはクッションも入っていて歩きやすくなっています。

また木目が美しい県産のヒノキを使った下駄や、茶どころ静岡ならではの本山茶で染めた生地を使用したものも。

約50種類の下駄が販売されています。

水鳥工業・島田文美さん 「鼻緒の柄も、洋服に合わせやすいような柄になっていまして履き心地もとてもいいので、毎日使っていただいて楽しんでいただけたら」

男女兼用やキッズサイズもあり、今年の夏は家族みんなで下駄を楽しめそうです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ