10日以降も雨続く 災害の危険度高まる恐れ 土砂災害に厳重警戒を

2020年07月09日(木)

地域

活発な梅雨前線の影響で全域で雨が続いています。

10日以降も雨が続くとみられ、気象台は災害の危険度が高くなっている恐れがあると警戒を呼び掛けています。

県内は9日も大気の状態が非常に不安定で西部・中部・東部には大雨警報が出され、土砂災害の危険があるとして浜松市や富士宮市の一部に避難勧告が出ています。

上村駿太記者 「静岡市安部川の河川敷に来ています。雨風はそこまで強くありませんが所により川の流れが早くなっているところがあります」

9日は多い所で1時間に50ミリの雨が降る恐れがあり、雨は10日以降も続くと見られます。

気象台はこれまでの雨で災害の危険度が高くなっている恐れがあり、土砂災害に厳重な警戒をするとともに、河川の増水にも警戒するよう呼び掛けています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ