「直接会える日が楽しみ」 リモートで旅気分・オンライン宿泊 静岡・富士市

2020年07月23日(木)

地域

この夏の富士山の閉山は、外出自粛で既に影響を受けていた周辺の宿泊施設にとって大きな追い打ちとなりました。

そんな中、富士市のゲストハウスが面白い旅を企画しました。

リモートで旅ができる「オンライン宿泊」です。

「みなさんがこの街に今来ました。夜の吉原商店街を見てもらっています」

富士市の吉原商店街を歩いているのは、「14GUESTHOUSE Mt.FUJI」のオーナー鈴木大介さんです。

何をやっているのかというと・・・

14ゲストハウスマウントフジ・鈴木大介オーナー 「ゲストハウスに向かって歩いていくのを疑似体験してもらいたいと思う」

インターネットで旅行気分を味わってもらう「オンライン宿泊」です。

参加したのは東京や大阪などから5人。

旅行好きで各地のオンライン宿泊に参加している人や、鈴木さんの知人にも声をかけ体験してもらいました。

鈴木大介オーナー 「3月の中旬くらいに新型コロナの話題が広まり、4月の予約がゼロになってしまった。4月1日にグランドオープン、そして4月1日から休業開始という、苦渋の決断という形でのスタートとなっております」

オープン直後に新型コロナの打撃を受けてしまった鈴木さんの「14ゲストハウス」。

鈴木大介オーナー 「ここの施設としても、富士登山の前後で休んでもらったりとか、拠点にしてもらう使い方もイメージしています」

夏山シーズンには宿泊者が2万人近く増える富士市。

「14ゲストハウス」も登山客の需要を期待していただけに、富士山閉山は大きな痛手となりました。

鈴木大介オーナー 「何もしないでいては、ここの宿があることすら知られずに過ごしてしまう。もう少し落ち着いたときに、旅行先として選んでもらえるように」

そこで思いついたのが「オンライン宿泊」。

参加費1000円で、旅行を疑似体験してもらいます。

14ゲストハウスマウントフジ・小澤かおり支配人 「こちらは全部で2段ベッドが3つあります。6ベッドあります。それではみなさん、今日こちらの部屋に宿泊してもらいますが、上のベッドが良いですか?下のベッドが良いですか?」

参加者 「上!上!」

小澤かおり支配人 「こちらの扉を開けると富士山がね…」

参加者 「えーどこー?」

鈴木大介オーナー 「見えません~」

小澤かおり支配人 「本当でしたら、ここに大きく見えている…」

参加者 「泊まってからのお楽しみですね」

施設の紹介だけでなく、写真と地図を使いながら観光案内もします。
 
鈴木大介オーナー 「みなさんローカル線でカタコトと乗ってきまして、吉原本町駅に着きました。岳南電車、各駅すべての駅から富士山を望むことができる日本で唯一の鉄道です」

もちろん、富士山も紹介します。
 
鈴木大介オーナー 「(富士山は)修験の山として、当時は登山道も整備されていなかったので山を分け入り岩山を登り山頂を目指した」

参加者「乾杯~」

お酒も入って参加者同士、話に花が咲きます。

約2時間、オンライン宿泊は大いに盛り上がりました。

男性参加者 「最初に街を歩く感じから、受付して出迎えてもらったのはすごく良かった。ドミトリーの中も見られて、行ったときに来たことあると安心する」

女性参加者 「旅とか街が好きな人が集まって話をするから話しやすい。直接会って話ができる日を楽しみにしています」

鈴木大介オーナー・小澤かおり支配人 「ありがとうございます。すごいうれしいです」

『直接会える日が楽しみ』ゲストハウスにとって、うれしい一言でした。
 
鈴木大介オーナー 「きっと僕たちが、どんな人間がここのゲストハウスをやっていて、そういう人となりを知ってもらうことが、きっと一番訴えるものがある。最終的に参加者のみなさんが笑顔でバイバイできたので良かった」

オンライン宿泊で結んだ縁を…

次こそは。

ゲストハウスの新たな取り組みは、きっと未来につながるはずです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ