【浜松市会見】浜松市30代男性の感染確認 感染経路不明は初

2020年07月21日(火)

地域

浜松市は21日午後4時から、新型コロナウイルスに新たに感染した市内9例目について説明しています。

市によりますと、新たに感染が確認されたのは、浜松市東区在住の30代男性で、職業は会社員(営業職)です。

この男性は、7月15日夜、38.4℃の発熱があり、16日に医療機関Aを受診しました。この時、抗生剤と解熱剤の処方を受け帰宅したものの、体調が戻らず、18日に味覚障害を自覚。19日に38.4℃の発熱があったため、医療機関Bを受診し、20日PCR検査を受け「陽性」と判明しました。

男性は、7月13日から14日、仕事で打合せを2件(出先で30分程度)、15日には知人3人と市外に出かけていることから、市は打合せしたスタッフ、知人のPCR検査も実施する予定です。

また、濃厚接触者として同居家族6人についても検査する方針です。

現在のところ、男性は発症日から遡って14日以内に国外・県外には行っておらず、浜松市内では初の感染経路不明となります。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ