キャンペーンは始まったが・・観光庁の説明会に質問相次ぐ 静岡・熱海市

2020年07月22日(水)

地域

もうキャンペーンは始まっていますが、直前の制度変更で事業者が混乱するなか、静岡県熱海市では22日観光庁の担当者を呼んで説明会が開かれました。

熱海市の宿泊業者「われわれもそうだし、お客さんもとまどってる。やっぱり要領がわからない」

説明会には熱海近隣の観光関係者163人が参加し、観光庁の担当者から制度の説明を聞きましたが・・・

観光関係者「0歳の子で宿泊代金が発生しなくても還付が適応されるという意味だと思うのですが、1人1人の単価ではなく総額で35%引けばいいという考え方か?」
観光庁「おとなも子供も乳幼児も、同じ一人としてカウントします。一つの予約あたり代金の総額はいくら、それに対して3人だからと計算していただければよろしいと思います」

別の観光関係者「大浴場の入場制限は現在もやっているんですが、籠の(数の)基準でやるのか、風呂場の広さ、面積に何名と言う基準があるのか」
観光庁「業種別のガイドラインでそういうものがあるなら、そちらに準じていただければいいと思います」

観光関係者「仮に客が北海道から来ました。37.5分のお客さまがいました、お帰りくださいというわけにいかない」

時間いっぱいまで質問が途切れることはありませんでした。

旅館従業員「(説明会を)そもそも全国的にやってないんだってのが衝撃的でした」
ホテル経営者「大部分理解することはできたんですけど、まだ詳細な部分で不明な部分があるので、もう今日から始まった以上は、一つ一つコールセンターに聞きながらやっていかなきゃいけないと思っています」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ