57年ぶり…湧き水が200センチ超 楽寿園の小浜池 静岡・三島

2020年07月22日(水)

ビジネス(政治・経済)

三島市の楽寿園にある小浜池で湧き水が例年にないペースで湧き出し、57年ぶりに200センチを超えています。

富士山の溶岩の地層をつたって雪解け水などが湧き出すといわれる小浜池。

「せせらぎの街」三島のシンボルとして親しまれ、かつては1年中水をたたえていましたが、1960年代から夏以外は水が枯れるようになり、ここ数年は夏でも水位が100センチを超えることは殆どありませんでした。

それが今年は7月10日に満水とされる150センチを超え、19日には57年ぶりに200センチを超えました。

去年の台風19号や今年の長雨が影響しているとみられていて、22日現在209センチと1961年の最高記録215センチに迫る勢いです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ