川勝知事「いまが感染拡大を抑制するための正念場」静岡県内新たに5人感染 磐田市立総合病院の看護師も

2020年07月22日(水)

地域暮らし・生活

静岡県内では22日、新たに5人の新型コロナウイルスの感染が発表され、1人は磐田市立総合病院の看護師と分かりました。

この看護師は、21日に感染が公表された浜松市の30代男性の妻で、陽性と判明する前14日間は通常勤務でしたが、感染防護具を着用していたということです。

磐田市立総合病院は念のため、この看護師が担当する病棟の入院患者13人と同僚看護師16人のPCR検査を実施し、全員「陰性」と判明しています。

増加傾向にある感染者。
県は23日からの4連休を前に、流行局面を「限定期」から一段階上の「移行期・前期」に引き上げ、行動制限を厳しくしました。

東京については移動の「回避」を、2府4県については「特に慎重に行動する」よう求めています。

また静岡県内でも、カラオケを伴う飲食店でクラスターが発生した熱海市では、同様の店での大声の会話や、マスクを着けずに歌うことなどはしないよう呼び掛けています。

川勝知事「いまが感染拡大を抑制するための正念場であり、感染防止対策の重要性を再度ご承知頂きたい」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ