「観光で生きる熱海の宿命」 “覚悟”とともに始まる海水浴シーズン 感染対策万全に 熱海市

2020年07月23日(木)

地域

4連休初日となった23日、熱海市の海水浴場では新型コロナ対策を取りながらの海水浴シーズンが始まりました。

新型コロナの感染拡大への懸念が広がるなか、熱海市の熱海サンビーチで行われた海開き。

感染防止策としてビーチの利用者数を把握するAIカメラを導入したり、入場口を制限し海水浴客にリストバンドを配布して入場した時間帯が分かるようにするなど対策を取りました。

混雑回避を呼びかけるなか、23日はさっそく観光客が海水浴を楽しんでいました。

熱海市・斉藤栄市長 「私は観光で生きている観光を主幹産業とする熱海市にとっては宿命だと思っています。安全を確保しながらこの海水浴場を動かしていこうと」

熱海サンビーチでは8月23日まで海水浴が楽しめます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ