AIカメラや入場制限… 厳戒態勢の海水浴シーズンが到来 工夫さまざま 静岡/熱海・下田

2020年07月23日(木)

地域

例年とは違う夏が始まります。

4連休初日の23日、熱海や下田では海開きが行われました。

AIカメラに入場制限…

対策を取りながら感染防止と経済回復の両立を進めます。

新型コロナの感染拡大への懸念が広がるなか、熱海市の熱海サンビーチで行われた海開き。

スタッフ 「体温も大丈夫そうですか?問題ないですか?ありがとうございます」

感染防止策として入場口を制限し、海水浴客にリストバンドを配布。

入場した時間を分かるようにして混雑時には、早く来た人たちに帰るよう促します。

またビーチの利用者数を把握するAIカメラを導入し、ウェブ上で混雑状況を確認できるようにしました。

上空から見ると23日は混雑した状況は見られませんでした。

観光客 「なかなか行先ってのは決めずらいので、ここは感染対策をしていることを事前に知っていたので、ちょっと来てみようかなと」

熱海市・斉藤栄市長 「私は観光で生きている観光を主幹産業とする熱海市にとっては宿命だと思っています。安全を確保しながらこの海水浴場を動かしていこうと」

一方、毎年多くの県外客で賑わう下田市の白浜海水浴場。

空から見てみると海水浴客のテントが整然と並んでいます。

こちらでは密集を避けるため4メートル四方にロープを張り、浜への入口は5か所に制限。

検温をしてもらうためのスペースも設けました。

女性 「いいと思います。(感染症対策が)されていると思わなかったので、いいですね」

他の女性 「もう安心ですね。(他人と)近くないし、くくられてるから安心。それが一番」

経済活動と感染防止の両立を進める海水浴シーズンが各地に到来しました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ