「血がおどる」 浜松まつり中止で落ち込む市民 久しぶりの凧揚げ楽しむ 浜松

2020年07月23日(木)

話題

新型コロナの影響で中止となった浜松まつりですが、浜松に元気になってもらおうと23日、凧揚げがおこなわれ、凧が空高く舞い上がりました。

凧揚げは、新型コロナの影響で浜松まつりの中止や自粛生活が続くなか、凧揚げを楽しんで元気になってもらおうと浜松凧の会が開きました。

会場では親子で凧揚げを楽しむ姿が見られ、空高く揚がった凧を見つめながら大人も子供も笑顔を輝かせていました。

凧揚げを楽しむ父親 「テンションが上がるというか血が躍るような(Q新型コロナに負けないぞって感じですか?)コロナにだけは負けたくないですね」

凧揚げは26日まで南区の遠州灘海浜公園でおこなわれ、浜松凧の会は「体を動かして疲労感も味わいながら楽しんでほしい」と話していました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ