「うちの子、学校でどうかしら?」オンラインで中学校の授業参観 静岡・沼津市

2020年07月24日(金)

地域暮らし・生活

新型コロナウイルスの影響で、小中学校では授業参観を中止や延期にしているところも多くあります。

こうしたなか静岡県沼津市の中学校ではオンラインでの授業参観を行いました。

「お願いします」

7月17日に沼津市の浮島中学校で行われた授業には、タブレット端末をもった教師も参加。

行っていたのは保護者へのライブ配信です。

新型コロナウイルスの影響で担任や保護者が顔を合わせる機会もなく、通常の授業参観も行えないことから、中学校では7月中に4回クラスを変えながら行っています。

この日は道徳の授業で、あだ名で呼ぶこと、そして呼ばれることをどう感じるか。

「先生にショーンて呼ばれてて(笑)その時に自分の名前で呼ばれるよりも、あだ名の方が楽しいっていうか、いい雰囲気になるから僕はあだ名の方がいいと思います」

それぞれの生徒が自分の体験談や意見を語っていき、学校での様子を保護者に配信してきました。

浮島中学校・伊藤剛校長 「これから家庭や地域とどうやってつながっていくか、学校の情報を発信していくかという中で、ホームページやお便りもあるんですけど、このように映像オンラインを通して子供たちの様子を伝えていくということは意味のあることではないかと」

中学校では今後もこうした取り組みを続けていきたいとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ