梅雨前線の影響 激しい雨降る恐れ 土砂災害・河川の増水に警戒を

2020年07月25日(土)

地域

梅雨前線の影響で、県内はこのあとも雷を伴った激しい雨が降るおそれがあり、西部に大雨警報が出されています。

大気の状態が非常に不安定となった25日の県内は、現在も西部に大雨警報が出されていて、降り始めからの雨量は、浜松市の佐久間で269.5ミリなどとなっています。

26日にかけ、1時間に50ミリの雷を伴った激しい雨が降るおそれがあり、夕方までの雨量は、県内全域のいずれも多いところで200ミリと予想されています。

雨が続いていて、気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒を呼びかけています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ