【静岡県会見】新型コロナあらたに4人感染 県外や家族から感染か

2020年07月26日(日)

地域暮らし・生活

静岡県は26日午後5時から、新型コロナウイルスに感染した4人について説明しています。

県によりますと、新たな感染者は熱海市の高齢の男性と伊東市在住者、それに磐田市の家族2人で、県内の感染者は168人にのぼります。

165人目の感染者は熱海市に住む高齢の男性で職業は会社経営をしています。

男性は11日に熱海市街の商業施設で県外在住者を含む複数の友人と趣味の活動をしました。

12日は自宅で過ごし13日は県外の親族と屋外でマスク着用し短時間の会話がありあました。

20日 徒歩で移動し複数の熱海市内の飲食店を利用し、帰宅後に微熱や頭痛がありこの日が発症日とされています。

21日に医療機関を受診し、その後も発熱が続いたため、25日に抗原検査をうけ陽性と判明しました。

感染経路について県は調査中とする一方で、県外在住の友人と趣味の活動をしていたこともあり、当時の状況を調査しています。

166人目は伊東市在住で年代や性別、職業の公表は望んでいません。

7月5日~22日まで県外に滞在し県外の勤務先で勤務していました。

22日の夕方ころ倦怠感や微熱がありこの日が発症日とされます。

23日に伊東市内の自宅に帰宅し、その日の夜38.6度の発熱や倦怠感などがあり相談センターに連絡しました。

24日にPCR検査を受け、25日に陽性と判明しました。

県は県外での滞在期間が長く、県外での感染したとみています。

167人目、168人目は磐田市内の女性と未就学の子供で県内133人目の同居家族です。

167人目の女性は20日に39.6度の発熱などがありましたが、翌日熱が下がっています。

23日に同居家族がPCR検査で陽性と判明し、翌24日にPCR検査を受けました。

25日に陽性と判明しています。

未就学の子供に症状は出ていません。

2人は133人目の同居家族で、県はこの家族から感染したとみています。

県内の新型コロナウイルスの感染者はこれで168人にのぼります。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ