新型コロナ 県内203人に 浜松のクラスターで感染拡大

2020年07月27日(月)

地域暮らし・生活

感染が続く浜松市の状況です。

26日までに市内では73人の感染が発表されていますが、このうち60人が2つの店で発生したクラスターに関連する感染者です。

そして27日、市は198件のPCR検査を行った結果、あらたに14人の感染が判明したと発表しました。

このうち8人が中区の接待を伴う飲食店ブリリアのクラスターに関連する感染者です。

また、中区の飲食店「手品家浜松店」では、新たに客1人の感染が判明しています。

一方で、別の接待を伴う飲食店の従業員や県外の移動歴がなく感染経路が不明な感染者も出ています。

鈴木市長は26日、市中感染については「今後の状況を注視していかなければ」と話していました。

陽性と判明した日ごとの感染者をみると、浜松市内でクラスターが発表された24日に30人、その後もクラスター関連の感染が続いていて、県内での感染者は203人にのぼっています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ