命を守るライフセーバーの確保厳しく…下田の4海水浴場で遊泳禁止

2020年07月30日(木)

地域暮らし・生活

連日新規感染者が発表され、静岡県は28日警戒レベルを引き上げています。

これを受け下田市は、ライフセーバーの確保が出来なくなった4つの海水浴場を遊泳禁止としました。

23日に海開きをしたばかりの下田市の海水浴場。

地区で管理する駐車場は開けているものの、海岸に人の姿はほとんどありませんでした。

吉佐美区役員・辻正太郎さん「もう大打撃ですよ。我々はここだけですけど、下田の人は観光で持ってますよね」

下田市はライフセーバー団体との契約で、県の警戒レベルが4になった時点でライフセーバーの安全を考慮し引き上げるとしていたため、保護者の同意が得られない大学生のライフセーバーも多く必要な人数を確保できていません。

そのため29日から市内9つの海水浴場のうち、4カ所を遊泳禁止にしています。

白浜原田区・土屋秀登区長代理 「このままの状態がいつまで続くかというのがわからず、区の方でなんとか監視をできる体制を取りたいとは思っています」

市は閉鎖は31日までとしていますが、ライフセーバーを確保できる見通しはまだ立っておらず、8月1日以降運営できるか不透明な状態です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ