【静岡市会見】大阪と静岡を往来・県外出張 静岡市30代男性会社員2人の感染確認  

2020年07月30日(木)

地域話題

静岡市は30日、新型コロナウイルスの感染者を新たに2人確認したと発表しました。

市は、午後4時から会見を開き、詳細を説明しています。

1人は30代の男性会社員で、区の公表は望んでいません。

主な症状は発熱です。

男性は、7月13日以降、親族との予定があったため、複数回にわたって大阪府との往来をしていました。

大阪へ訪れた複数回のうち、1度は公共交通機関を利用、その他の移動手段は自家用車でした。

また23日から26日にかけて大阪府に滞在、26日の夜に静岡市内へ戻り、27日に38℃の発熱があったため、帰国者・接触者相談センターに連絡しました。

27日以降は自宅で過ごしています。

28日に検体採取、29日にPCR検査の結果「陽性」と判明、30日、県中部の感染症指定医療機関に入院しています。

大阪府に住む家族と親族の合わせて7人が濃厚接触者です。

2人目も30代の男性会社員で、区の公表を望んでいません。

主な症状は発熱です。

この男性は、20日に県外へ出張、出張先で職場関係者複数人と会食をしています。

25日、20日に会食した県外の職場関係者1人の感染を知り、26日に帰国者・接触者相談センターに相談、市内の医療機関を受診しています。

27日にPCRセンターで検体採取、夜37℃の発熱がありました。

29日に検査の結果「陽性」と判明、30日に県中部の医療機関に入院しています。

市内に住む同居家族3人が濃厚接触者です。

静岡市内の感染者はこれで34人となりました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ