静岡市・葵小学校 1日から”ちょっと短い”夏休み

2020年07月31日(金)

地域暮らし・生活

静岡市の多くの小中学校では8月1日から夏休みです。

葵区の小学校では新型コロナ対策として、校内放送を利用して全校集会が行われました。

先生「1時間目、全校集会ということで、放送での全校集会になります」

全校生徒約650人の市立葵小学校。

これまで夏休み前の全校集会は体育館で行っていましたが、密を避けるため31日は各クラスごと校内放送に耳を傾けました。

葵小学校・川島広己校長「命ほど大切な宝物はありません。事故なし、ケガなし、病気なしで、宝がいっぱいの夏休みを過ごしましょう」

感染拡大は子供たちの夏休みに影響を与えています。

葵小学校は休校期間中の授業の遅れを取り戻すため、休みの開始を遅らせ夏休みは9日間短くなりました。

全国に感染が広がり過ごし方も、いつもとは変わってしまいます。

男の子「関西の方とか東北の方とかによく行くんですけど、ちょっと今年は新型コロナのせいで無理だった」

女の子「私は地元の駿府城公園の歴史について調べてみようと思ってます」

男の子「充実した、ゆっくり休める夏休みにしたいですね」

また葵小学校では感染拡大による臨時休校に備え、9月以降の自習用の教材を配るほか、夏休み中には教師がオンライン授業の研修をすることにしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ