【静岡県記者会見】富士市のクラブをクラスターと判断

2020年07月31日(金)

地域暮らし・生活

静岡県は31日午後5時から記者会見し、新型コロナウイルスへの新たに感染した8人について状況を説明しています。

県によりますと、1人目は沖縄在住の30代女性で接客業をしています。

女性は23日に、29日に陽性が判明した6人を接客し、24日、25日と行動を共にしていました。

29日に6人の陽性が判明したことから、濃厚接触者として検査を受け、30日陽性が判明して県東部の指定医療機関に入院しました。

咳や倦怠感の症状があるということです。

女性は27日から28日にかけて横浜市の友人と行動を共にしていて、県は濃厚接触者として管轄の保健所に対応を依頼しています。

2人目は熱海市在住で、年代、性別、職業の公表を望んでいません。

熱海市で発生したクラスター、音楽カフェ「ビバ はうす」関連の感染者と濃厚接触があり、30日検査の結果陽性が確認されました。

31日に県東部の指定医療機関に入院しましたが、症状はないということです。

同居家族は公表を望まないとしており、県は濃厚接触者について調べています。

3人目と4人目は富士市吉原のクラブ・アルテミスの関係者です。

3人目は沼津市在住で、年代、性別、職業の公表を望んでいません。

また、4人目は富士市在住で、年代、性別、職業の公表を望んでいません。

2人は25日と26日は仕事をしていましたが、いずれも勤務中はマスクをしていたということです。

いずれも27日に発熱などの症状が出て、30日に検査の結果、陽性が判明し県東部の医療機関に入院しています。

県によりますと、2人が関係するクラブ・アルテミス関連で31日なって3人の感染が確認されたことから、アルテミスをクラスターと判断し、店の同意を得て店名を公開しました。

24日から26日にアルテミスを利用した人に保健所への連絡を呼びかけています。

5人目は県外在住の40代男性会社員で、普段は富士宮市で勤務しています。

男性は25日から26日にかけて県外の自宅で知人とあっていましたが、28日になって知人から陽性者の濃厚接触者として検査をうけたとの連絡があり、29日に自分も検査を受けたところ30日に陽性が判明しました。

31日に県東部の医療機関に入院しましたが、咽頭痛や身体のしびれがあるということです。

また、同居家族はなく、濃厚接触者については調査中です。

6人目と、7人目はいずれも島田市在住で30日に感染が発表された人の濃厚接触者として30日に検査の結果陽性と判明しました。

6人目は島田市在住の女性で、年代、職業の公表を望んでいません。

検査を受ける前の27日から発熱などの症状があったということで31日入院しましたが、現在は症状はないということです。

同局家族は公表を望まないとしていますが、濃厚接触者は検査の結果、陰性が確認されているということです。

また、7人目は年代、性別、職業の公表を望んでいません。

症状はなく、同居家族は公表を望まないとしていますが、県で濃厚接触者についてPCR検査を実施しています。

8人目は西部保健所管内在住の20代の女性会社員です。

22日に会社で、後に感染が判明した人と接触があり、27日になって37.5度の発熱があったと同時に接触があった人の陽性が判明したため、会社を早退していました。

29日に検査を受け30日に陽性が判明、31日に県西部の指定医療機関に入院しています。

女性は発症前の25日に2時間半ほど美容院を使用していて、県は同居家族と美容師を濃厚接触者としてPCR検査を実施しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ