女子サッカー・左山桃子選手 “古巣”で再スタートのわけは・・ 静岡・磐田市

2020年09月15日(火)

地域芸能・スポーツ

女子サッカーの話題です。

日本女子リーグ県内唯一のチームが、3部に参戦している静岡SSUアスレジーナ。

今年、国内人気選手の一人、左山桃子さんが加入しました。
実は1部クラブの誘いを断ってまで3部の静岡に移籍、その理由とは?

「アスレジーナの左山桃子です。私の得点に期待してください」

静岡県内で唯一、日本女子サッカーリーグに参戦するのが静岡SSUアスレジーナ。

今年、「静岡産業大学磐田ボニータ」から名前が変わり、元日本代表・本田美登里 新監督の下、2部昇格を目指しています。

そのクラブの顔が、7年ぶりに復帰した左山桃子選手(28)。

女子サッカー界では抜群の人気選手です。

広島から全国常連の藤枝順心へと渡り、静岡産業大学・磐田ボニータでは年代別の日本代表にも選出。

その後、なでしこリーグ1部のアルビレックス新潟で国内屈指の人気選手として活躍していました。

静岡SSUアスレジーナ・本田美登里 監督 「一番はヘディングの強さ、ニアでもファーでも落下地点にしっかりと入れる」

静岡SSUアスレジーナ・左山桃子選手 「どんなボールでもクロスが来たら突っ込んで、得点に絡むところを見て欲しい」

身長167センチ。

足元の技術はもちろん、最大の武器は高さを活かした空中戦の強さ、そしてクロスボールに対しリーチの長さを活かした得点力です。

ただ、国内リーグの人気選手が古巣とはいえ、なぜ3部なのか?

1部リーグの複数のクラブから熱烈なオファーもあったそうですが・・・

静岡SSUアスレジーナ・左山桃子選手 「ずっと西山芽衣選手、平野麻美選手がこのチームを引っ張ってきてくれて。最後は一緒にサッカーしたいと話していた仲間なので」

それが、卒業後も所属クラブに残った、学生時代の後輩と同級生。

喜びも悲しみも、一緒に分かち合ってきた仲間。

いつも心にはその存在がありました。

静岡SSUアスレジーナ・平野麻美選手「(練習後に)顔を触ったら熱かったから、これは「ヤバイ」と思って…冷凍庫に入った…ウソ・ウソ・ウソ」

静岡SSUアスレジーナ・左山桃子選手 「この2人がいるからサッカーを続けてきたし、信頼しているし…。ちょっと恥ずかしいですね」

国内有数の人気選手として、これまでTV出演などピッチ外でも脚光を浴びてきた左山選手。

ただ、今年で29歳。

ほとんどの選手が仕事と両立する女子サッカー界では引退を考え始める時期でもあります。

だからこそ、彼女が選んだのは、“どこで戦うか”ではなく“誰と一緒に戦うか”。

ー8月22日シーズン開幕戦ー

そして迎えたシーズン開幕戦。

新たなサッカー人生の幕開けです。

ーリーグEAST第1節:アスレジーナvsつくばー

立ち上がりから決定機を何度も作ると、左山選手もボールに食らいつくバックヘッド。

さらに、コーナーキックから持ち前の高さを活かすなどチームを盛り立てます。

すると、同点で迎えた後半8分、コンビネーションから逆転に成功!

しかし、このあと立て続けに失点を許し、2-3で敗れたアスレジーナ。

仲間と再スタートを切った初陣に、笑顔はありませんでした。

静岡SSUアスレジーナ・西山芽衣選手「もう少し組織的に守備をしないといけない。DF3人だけだと守れない」

静岡SSUアスレジーナ・左山桃子選手「(落ち込んだ表情で)あ~やばい・・・」

落ち込んだり喜んだり、仲間と過ごす、このかけがえのない時間はこれからも続いていきます。

1分1秒を噛みしめ、左山桃子選手、新たな挑戦がキックオフです。

静岡SSUアスレジーナ・左山桃子選手 「アスレジーナを磐田市だけではなく静岡県や全国に知って欲しいと思っているので、そういう気持ちで試合に臨みたいと思っています」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ