おしゃれに“干物”はいかが? リゾナーレ熱海にカフェ「3時のヒモノ」が登場 静岡・熱海市

2020年09月01日(火)

暮らし・生活

静岡特産の干物。

その干物を若い人たちにも知ってもらおうと、熱海市のホテルにとてもおしゃれな干物スペース、その名も「3時のヒモノ」が登場しました。

熱海市にある星野リゾート・リゾナーレ熱海で1日から始まった「3時のヒモノ」。

本谷育美アナウンサー「会場に一歩入ると、さっそくカラフルな干物がたくさん置いてありますね。ゆかも一面砂なのでまるでビーチに来たみたいです」

静岡特産の干物の魅力を再発見してもらおうと企画されたこのイベント。

会場は色鮮やかな干物がいっぱい!

クッションもサーフボードも干物柄です。

本谷アナ「この網に干物と一緒に寝転がると気分は干物です」

干物を干す網に見立てたヒモノベットはフォトスポットに。

さらにここで食べられるのが一口サイズの干物。

アジやサバの塩一夜干しなど伝統的な味付けのクラシックヒモノと、金目鯛やサバをハーブやスパイスで味付けしたアップデートヒモノです。

これをテラスの七輪で軽く炙っていただきます。

いい香りがしてきました!

気になるのはアップデートヒモノの味ですが・・・

本谷アナ「ハーブ、ヒモノにあいますね。新感覚です」

星野リゾート リゾナーレ熱海 北嶋文雄総支配人「ファミリーのお客様、若い女性の方々ですとか日頃、ヒモノにあまりなじみのないお客様も気軽に楽しめるイベントですので見て、食べて、味わってヒモノの魅力を発見いただけたらといいなと考えています」

海を眺めながら、おしゃれに干物、今まで気が付かなかった新たな魅力に出会えそうです。

(3時のヒモノは9月1日~11月30日まで開催)

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ