浜松・四ツ池公園再整備 市がレイアウト案初提示 野球場はどうなる?

2020年09月04日(金)

地域ビジネス(政治・経済)芸能・スポーツ

再整備の検討が進められている、浜松市の四ツ池公園。

市のレイアウト案では、2つの野球場の場所には陸上競技場が配置されています。

浜松市中区の四ツ池公園の陸上競技場と野球場は老朽化が進んでいて、市は再整備の検討を進めていています。

市は再整備の在り方を協議する市議会の特別委員会に、4日、国際大会のできる陸上競技場を整備した場合のレイアウト案を示しました。

この案では、2つの野球場にまたがっいますが、市は「あくまで1つの案。球場の存続を断念をするものではない」としています。

市内では県が新球場の建設を計画していますが、税収の落ち込みで見直す可能性があり、特別委員会ではこうしたものも踏まえながら検討していく方針です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ