台風北上で厳しい残暑 猛暑日の地点も 次第に影響 JR東海の運転計画は6日発表へ

2020年09月05日(土)

地域

5日の県内は暖かく湿った空気が入り込み、厳しい暑さとなりました。6日以降は台風にともなう大雨や高波にも警戒が必要です。

5日の県内は降り注ぐ日差しと、暖かく湿った空気の影響で、各地で気温が上がり、三島では最高気温が35.5度と猛暑日になりました。

清水は34度、富士と静岡は33.6度でした。

週明けにかけて台風の影響を受ける見通しで、6日夕方までの24時間に予想される雨の量はいずれも多いところで70ミリとなっています。

その後、7日の夕方までは200ミリから300ミリ、8日夕方まではさらに200ミリから300ミリと予想されています。

次第に風が強まり波も高くなる見通しで、気象台は局地的な非常に激しい雨や高波などに警戒するよう呼びかけています。

またJR西日本が山陽新幹線の計画運休をするのに伴い、JR東海でも今後一部の列車に影響が出る見込みです。

6日午前10時半頃に、詳しい運転計画を示すことにしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ