海水浴場で溺れる フィリピン人男性死亡 魚を獲っている最中に 友人は自力で浜辺へ

2020年09月05日(土)

事件・事故

5日未明、湖西市で魚を獲っていたフィリピン人の男性が溺れ、午後になって遺体で見つかりました。

死亡したのは湖西市吉美の派遣社員ロドリガゾ・グレゴリ・アベフェラさん(36)です。

警察によりますと、5日午前3時過ぎ、新居弁天海水浴場で、友人と魚を獲っていて溺れました。

友人は自力で浜辺に戻り、警察に通報しました。

男性のものと見られる、シュノーケルやモリ、懐中電灯が海から見つかり、ヘリコプターやダイバーが出動して捜索したところ、午後2時頃になって、桟橋近くの海の中で男性が見つかりましたが、すでに死亡していました。

海上保安部によりますと、事故当時、波は小さいものの、うねりがあり濁っていたということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ