【気象台臨時会見】台風10号 離れた静岡県への影響 理由は「合流点」

2020年09月06日(日)

地域

静岡地方気象台は6日午前11時から臨時会見を開き、台風10号が静岡県に与える影響について説明しています。

6日午前9時、大型で非常に強い台風10号は、時速20キロで中心気圧は925ヘクトパスカル、海上を通過するため勢力を維持したまま北上するとみられています。

台風から遠く離れた静岡県でも大雨になる見込みです。台風10号の東側の温かく湿った空気の流れと、高気圧の縁を通る空気の流れがちょうど東海地方で合流し、温かく湿った空気がもたらされるためです。

【雨】
あす7日、警戒が必要なのは大雨です。午前6時から夜遅くを通して警報級の雨になる可能性があります。。予想1時間降水量は、6日は30ミリ、7日は50ミリで、河川の氾濫にも注意が必要です。東側や南側斜面の降水量が高くなる見込みで、長時間降り続き災害危険度が急激に高まる可能性があります。雷や竜巻も予想されるので注意が必要です。

【波】
7日朝の静岡県西部・中部で6メートルの波が予想されていて、警報級の可能性が高くなっています。台風の北上に伴い、午後9時には5メートルに下がる予想です。

【風】
県中部・西部で強風注意報の可能性がありますが、台風の位置が離れているため東部・伊豆には注意報は出されない見込みです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ