小学生が“かかし”作り マスクに汗も・・ 静岡・三島市

2020年09月09日(水)

地域暮らし・生活

刈取り前のお米を、スズメなどから守るために。

静岡県三島市の小学生が、かかし作りに挑戦しました。

三島市の山田小学校では、毎年5年生が農業体験の一環としてかかし作りに挑戦しています。

子供たちは竹や藁、それに、もみ殻を詰め込んだ袋を使って、グループごとに考えたオリジナルのかかしを完成させていきました。

5年生 「コロナがはやっているのでマスクをつけて、マスクをつけているとどうしても暑いので、顔の部分に汗をいっぱいマーカーで書いたりしました」

5年生男子 「あんまりお米を取られないように、頑張ってほしいと思います」

かかしは学校近くの水田で、子供たちが稲刈りを体験する10月まで見張り役を務めます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ