時代とともに移り変わりが あかりの道具展 浜松市

2020年09月10日(木)

地域暮らし・生活

人々を照らし続ける明かりの歴史を集めた展示会が、いま浜松市博物館で開かれています。

この展示会は時代とともに移り変わる様子を知ってもらおうと、縄文時代の油や現代の電球まで85点が展示されています。

江戸時代から寝室で使われ始めた有明行灯は、月の形などに切り抜かれた外箱を被せることで光の量の調節ができるようになっていて、訪れた人たちは電気のない時代に工夫して作られたあかりを興味深そうに眺めていました。

この展示会は浜松市博物館で27日まで開かれています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ