浜松「新野球場計画」見直し 浜松経済界が知事に計画推進求める

2020年09月14日(月)

地域ビジネス(政治・経済)

新型コロナ対策の財政負担を受け、静岡県がさまざまな事業の見直しを進める中、浜松市の経済界が知事に新しい野球場の計画推進を求めました。

県は新しい野球場について、基本計画の策定を来年度以降に先送りし、県民にも意見を求めながら改めて設計を考える方針を示しています。

こうした中、建設が予定される浜松市の商工会議所のメンバーが14日、知事に「市民の夢でプロ野球の誘致にもつながる」と球場の必要性を訴えました。

浜松商工会議所・大須賀正孝会頭 「今まで市の北側ばかりで、防潮堤もできたし、あそこに野球場ができると南側が活性化しますので」

知事は「先延ばしではなく、新しく大きなビジョンを考える仕込みの時」と応え、今後検討を進める考えを伝えていました。

野球場の建設計画は県議会9月定例会でも審議される見通しです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ