2つの”新野党”が誕生 県内の野党議員も再スタート 静岡

2020年09月15日(火)

ビジネス(政治・経済)

目指していた「1つの大きな固まり」とはなりませんでした。

衆議院の任期が残り1年余りとなるなか、野党2党が結党大会を開き、新たなスタートを切りました。

新・立憲民主党 枝野幸男代表「時代の扉を開くのはあなたです。国民1人1人の顔の見える政治へ。国民のために、国民と共に戦う立憲民主党になる!」

午後1時。合流新党「新・立憲民主党」の結党大会が行われました。

県内の現職議員で、立憲民主党に入ったのは、いずれも衆議院議員の渡辺周議員・源馬謙太郎議員・日吉雄太議員の3人です。

国会では、16日に誕生する菅政権のもとでの早期の解散も噂されていますが、枝野代表は本格論戦の時間を確保するよう牽制しました。

枝野代表「身勝手な解散総選挙で論戦から逃げようとすれば、それこそ国民不在の政治である」

一方、立憲民主党の結党大会から3時間後…

新・国民民主党 玉木雄一郎代表「国民の期待に応える、いや、国民の期待を超える政党を一緒につくっていくことをお誓い申し上げる」

合流新党に参加しない議員で作る「新・国民民主党」も、結党大会を開催。

県内からは榛葉賀津也参議院議員が参加しました。

「政策提案型の党」を掲げています

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ