「応援ありがとう」バットをシャベルに持ち替えて 高校野球部員が土のう作り 静岡・三島市

2020年10月18日(日)

地域

9月に行われた静岡県大会でベスト4の成績を収めた三島南高校野球部の部員31人が、応援のお礼にと水害に備え、土のう作りに汗を流しました。

砂の量、袋の口の締め方、三島市の職員や消防団員が指導します。

部員たちは防災の担い手として、バットをシャベルに持ち替え、持ち前の体力とチームワークで約500個の土のうを完成させました。

土のうは、防災用の倉庫に保管され、堤防の補強や住宅の浸水防止のために使われます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ