県が職員の「給与天引き」し損ねる 20万円以上請求される職員も 静岡

2020年10月20日(火)

事件・事故

システム障害で1億2000万円あまりが共済組合に納付されていなかったことが分かりました。

県は、教員や警察も含めた県職員の保健や年金に充てる掛け金を、毎月給与から天引きしてしていますが、おととし4月から今月まで、1302人の掛け金の約7000万円を徴収し損ねていました。

また、県の負担金約5600万円も納付されていなかったということです。

1人当たり平均で4万4000円、最も多い職員では、20万円以上を年内に支払う必要があり、県は再発防止に努めるとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ