「エールを」高校生がサプライズ でパレード 医療従事者や商店街に思いを届けたい 

2020年10月25日(日)

地域

新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中、高校生が医療従事者などにエールを送るイベントが静岡市葵区で行われました。

静岡商業高校応援団 「しずおか しずおか」

葵区の中心街でパレードやパフォーマンスを披露したのは、県立静岡商業高校の音楽部や応援団です。

このイベントは、新型コロナウイルスとたたかう医療従事者と、イベントの中止に苦しむ商店街にエールを送ろうと、3年生が課題研究の集大成として企画しました。

パレードの先頭の横断幕には、医療従事者への感謝のメッセージが書かれています。

静岡商業高校3年・服部芽衣さん 
「たくさんの笑顔がみられてとてもうれしかった。コロナウイルスで外出自粛が長く続いたりとか、仕事が大変な人がたくさんいたと思うけれど、前向きに明るい気持ちになってもらえたらいいな」

イベントは密を避けるため事前の告知はおこなれず、居合わせた人は突然のパレードに驚きながらも足を止めて注目し、笑顔を見せていました。

パレードを見た男の子
「底から元気がワーっと上がってくる感じ」
パレードを見た女の子
「コロナでいろいろな場所に行けないので、こういうイベントあると楽しい」

「笑顔」をテーマにイベントを企画した高校生たち。

横断幕は、七間町商店街に10月末まで掲げられます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ