「店員傷つけたくない」と“段ボール製”刃物持参の強盗犯 懲役2年10ヵ月の判決 静岡地裁

2020年10月30日(金)

事件・事故

店員を傷つけたくないと刃物の代わりに段ボールで押し入った強盗犯に、懲役2年10カ月の判決です。

判決を受けた高橋拓生被告は、今年5月、駿河区のインターネットカフェに押し入り段ボール片に袋をかぶせて刃物と見せかけ、現金10万円あまりを奪いました。

29日の判決公判で、静岡地裁の鈴木悠裁判官は「危険性は高くなかったが、相当の恐怖感を与えた」と非難しました。

一方で、「弁償し反省している」として、5年の求刑に対し懲役2年10カ月の判決を言い渡しました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ