リニア“工事差し止め”求める 大井川流域住民が提訴「水なしで稲作などできない」 静岡

2020年10月30日(金)

地域

リニア新幹線の工事は水利権や環境権を侵害するおそれがあるとして、大井川流域の住民たちが静岡県内区間の工事差し止めを求める訴えを起こしました。

訴えを起こしたのは、大井川の水を使っている流域の住民など107人です。

訴えによりますと、リニアの工事により大井川の水量の減少や南アルプスの環境破壊がおき、水利権や環境権が侵害されるおそれがあると主張し、県内区間の工事差し止めを求めています。

原告(コメ農家)・桜井和好共同代表 「水なしで稲作などできません。本当に命の水、農業に欠かせない水になるかと思います」

原告の住民たちは今後市民団体を立ち上げ、工事への懸念など県民の不安の声とともに署名を集め川勝知事へ提出する予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ