高校で9人感染 自衛隊と病院では新たなクラスター 県内45人感染・3人死亡 静岡

2021年01月26日(火)

地域

26日、県内では新たに御殿場市の病院と自衛隊板妻駐屯地でクラスターが発生しました。

県立静岡城北高校は教職員と生徒9人の陽性が明らかになりましたが、市はクラスターとは認定していません。

県立静岡城北高校で感染が確認されたのは教職員2人と3学年にまたがる生徒7人で、いずれも無症状か軽傷です。

感染者は合わせて9人ですが市は感染者同士のつながりがわからず、学校外での感染の可能性もあるとしてクラスターとは認定していません。

静岡市会見「クラスはもちろん違う、トイレとか手洗い場も違う、部活も違う、交通手段も違う、自宅の住所も違う探ってはいるんですけど、なかなか共通点はみれない」

学校は31日まで臨時休校で、市は生徒882人教職員78人に26日と27日で検査を行います。

一方県は・・・

県疾病対策課後藤課長「共通点が全くなく感染する場合、対人対面ではなく物を触っての接触感染が考えられます」

接触感染の可能性をあげ、マスクだけなく手洗いの重要性を強調しました。

また御殿場市のフジ虎ノ門整形外科病院でも、クラスターが発生しました。

病院のホームページによると、感染したのは職員1人と入院患者4人のあわせて5人です。

さらに御殿場市の陸上自衛隊板妻駐屯地でも、隊員12人の感染が確認されました。

県によりますと同じ訓練に参加していたということです。

26日、県内では45人の感染が確認され、90代1人を含む高齢者3人が死亡しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ