【静岡市会見】マスクなしで歌・会話 カラオケを伴う飲食店で新クラスター発生 

2020年11月21日(土)

地域

静岡市は午後4時から会見を開き、市内で確認された新型コロナ感染者の概要について説明しました。

【カラオケを伴う飲食店クラスター(市内10例目)】
21日新たに確認されたのはカラオケを伴う飲食店のクラスターです。既に感染が発表されていた客で駿河区に住む40代の無職の男性(静岡市199例目)を含む5人の感染者がいます。内訳は客2人、従業員3人です。

40代の男性は14日に店を訪れていたため、店の経営者と、この日店にいた従業員5人と客9人に検査を行い、6人の陰性が確認されています。また従業員の1人が16日と17日にも勤務しているため両日来店した客合わせて9人も検査する予定です。

市によると店では客も従業員もマスクをせずに歌ったり会話をしたりしており、感染対策が不十分だったということです。18日から休業しています。

市はオーナーから来店客の名簿を提供されているとして、感染状況が追えるため店名の公表はしないとしていて、これまでに発生しているカラオケを伴う飲食店のクラスターとの位置的な関係性も非公表です。

◆静岡市286例目
葵区に住む50代の男性会社員です。14日に市内199例目の感染者と、カラオケを伴う飲食店で接触がありました。18日に発熱し、20日PCR検査で陽性と判明しました。現在は症状はなくなっています。
濃厚接触者は職場関係者2人と、知人1人です。

◆静岡市287例目
葵区に住む40代の男性で、従業員です。14日に市内119例目の感染者と、カラオケを伴う飲食店で接触がありました。20日にPCR検査を受け陽性と分かりました。症状はない無症状病原体保有者です。濃厚接触者はいません。

【済生会病院クラスター(市内8例目)】
新たに患者2人が陽性となりました。これで陽性者は看護師7人、事務員1人、患者15人の合計23人です。2人とも新型コロナ病床に隣接する一般病床の入院患者で、当初18日に行われた検査では陰性でした。

◆静岡市292例目
清水区に住む80代女性です。入院患者で当初の検査では陰性でしたが、19日発熱などがあったため翌日再検査を行い陽性となりました。現在は熱と咳の症状で軽症です。院内感染とみられています。

◆静岡市293例目
清水区に住む70代男性です。入院患者で当初の検査では陰性でしたが、20日に熱が出て再検査したところ陽性となりました。軽症です。院内感染とみられています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ