「我慢の3連休」 観光地にマスク姿の観光客が多数 万全の感染防止策を

2020年11月21日(土)

地域

新型コロナの感染者が急増する中で始まった「3連休」、観光地はマスク姿の観光客で賑わいました。

「我慢の3連休」初日、熱海駅前には多くの観光客の姿がありました。

京都府からの観光客
「久々ってのもあって、マスクもちゃんとしてたら良いかなと思って」
岐阜県からの観光客
「我慢できなかったです。すみません。前々から予定を立てていて、どうしても行きたいなと思っちゃって。ちょっと来ちゃいました」

感染拡大前に予約を入れたという人もいて、マスクや消毒など感染対策には注意したいと話していました。

杉村祐太朗記者
「お昼前の静岡市葵区の繁華街です。普段の週末に比べこの時間、人の数は少し少ないように感じられます」

一方、静岡市の中心部は普段の休日に比べ人の姿はまばらでした。

男性
「食べる寸前までマスクして、食べ終わったらすぐ店を出るというのは考えながら行動しています」
女性
「家にいると気がたまってきてしまうので、気分転換しながら人がいっぱいいるところにはいかないようにしています」

マスクを外した時の対応など、感染拡大を防ぐ十分な配慮と行動が必要です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ