お盆の伝統行事「百八灯」 松明を灯し悪病退散を願う 静岡・西伊豆町

2022年08月16日(火)

地域暮らし・生活

15日夜、静岡県西伊豆町で町の無形民俗文化財に指定されている伝統行事「百八灯」が行われました。

「百八灯」は西伊豆町の岩谷戸地区で毎年8月15日に行われていて、15日夜は子供からお年寄りまで大勢の人が集まりました。

江戸時代、伝染病によって多くの死者が出たため集落の和尚が百八束の松明を灯し、悪病退散・精霊供養を願ったと伝えられています。

参加者
「ウクライナで戦争をしているからそういう戦争をなくしたい」

参加者
「コロナ禍で大松明は今年はなかったのですが、工夫して開催してくれるのは楽しかったしありがたいことだと思います」

闇夜に浮かぶ光の帯は幻想的で、参加した人は揺らめく炎を眺めながら平穏で平和な日々を願っていました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ