リニア工事めぐる静岡県の専門部会 調査継続示すJRに専門家は「調査の活用法検討を」

2021年02月09日(火)

ビジネス(政治・経済)

リニア工事に伴う生態系への影響を議論する静岡県の専門部会で、より細かな調査を継続的に行うとしたJR東海に対し、専門家からは対策への活用を求める意見が出されました。

8日の会議ではJRから調査地点や頻度を増やすことや、水生生物の生育環境を正確に把握するため、新たにドローンを活用する方針などが報告されました。

一方で専門家からは調査で得られたデータを、どう生かすのか見えないと指摘する声が上がり、JRも具体的な対応を検討すると応じていました。

静岡県・難波副知事「委員の指摘に対して問題があることを認識してもらい、対応をするという話だったので、対話が出来るようになった」

生態系への影響については、今後 国の有識者会議でも議論される予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ