「魔が差した」患者の財布から4万円抜く 職員を懲戒解雇 静岡県立総合病院

2021年02月10日(水)

地域

寝ていた入院患者から現金を盗んだとして、静岡県立総合病院の37歳の係長級の男性職員が懲戒解雇となりました。

病院によると、職員は去年11月病室内にある患者の私物を入れる棚を近くにあったカギを使って開け、財布から現金4万円を抜き取りました。

職員は「小遣いが少なかった。仕事や家庭のストレスで精神的に参っていて、魔が差してやった」と話しているということです。

男性は窃盗の容疑で書類送検されています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ