変異ウイルス3人感染「居住地」非公表は何故? 静岡

2021年02月10日(水)

地域

静岡県や厚労省は9日、県内に住む3人があらたに変異ウイルスに感染したと発表しました。

前回県は保健所名を公表するとしていた中で非公表とした理由は。

県疾病対策課・後藤幹生課長「3人が静岡県に居住地がある方という連絡が(厚生労働省から)ございましたので公表いたします」

新たに変異ウイルスへの感染が確認されたのは、県内に居住地がある30代の男性2人と20代の男性1人です。

厚生労働省は9日この3人を含め11人がイギリスで流行している変異ウイルスに感染したと発表し、いずれも職場関係者で、県外の同じ施設を利用していました。

この施設での感染と見られる一方、感染源は分かっていません。

また県は前回変異ウイルスが検出された場合、感染者の居住地について保健所単位での公表をしていましたが、今回の3人については発表はしませんでした。

後藤課長「(感染者が)その地域(居住地)でもらったわけではない、それプラスしっかりと濃厚接触者を特定し陰性と分かっていますので。あらたに変異株の感染者がその地域で出現することはないと考えていますので、その地域名や保健所管内名を公表する理由はないということになります」

県内で広がる可能性がないことを強調したうえで、国からも要請があったことを明らかにしました。

一方で今後同じような要請があった場合でも、市中感染の恐れがある場合は管轄する保健所名などの公表を検討するとしています。

後藤課長「県外でもらったのか、県内でもらったのか、はっきりしない場合には公衆衛生上 地域に重要な情報となりうるので、その場合は厚労省と協議をして地域名をどこまで出すかということを県で考えていきたい」

3人はいずれも症状はありませんが、県内の医療機関に入院しPCR検査で2度の陰性を確認してからの退院になるということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ