伊豆は静かな春「みなみの桜と菜の花まつり」開幕 中止の「河津桜まつり」は…

2021年02月10日(水)

地域

静岡県南伊豆町では10日から「みなみの桜と菜の花まつり」が開幕しました。

新型コロナの影響で今年は規模を縮小しての開催です。

祭りの会場となる約1万平方メートルの休耕田は菜の花が見頃を迎え、辺り一面を黄色く染めています。

まつりの期間は1カ月。

今年は新型コロナの影響で露店の出店をやめ、菜の花結婚式や夜桜マラソン大会といったイベントも中止にしました。

道の駅には検温ブースを設け、高熱でない観光客にはシールを貼ってもらうルールです。

みなみの桜と菜の花まつり実行委員会・木下直美委員長 「住民の方には反対する方もいると思いますけど、(感染対策という)ルールを守った上で花を見て頂くことが重要なので、開催を決めないで野放しにはできないと思います」

全国各地でまつりやイベントが中止となっているいま、観光業者にとってはありがたい限りです。

軽井沢人力車てやんでぃ屋・六嶋浩さん 「人力車であれば密にならないからということで、なんとか呼んで頂いた感じですね。ありがとうございます」

まつりの期間中、感染者を出さない。

町も実行委員会も気を引き締めます。

一方、今年中止となった河津桜まつり。

本来であれば10日から100万人の人出を誇るまつりが始まる予定でした。

それでも花を楽しみに来る人はいる。

河津も南伊豆同様、検温を呼びかけシールを配布していました。

桜並木を巡回して検温を呼びかけるボランティアも。

密にならないよう、一方通行にする対策もとっています。

観光客 「まあ安心ですよね。しっかりとそういった対策を取っていただけるというのは。食べ物が食べられないのはさみしい気はしますけど、花はきれいですし天気もいいですし、こういうのもかえっていいのかなと思いますけど」

河津桜まつり実行委員会・山田和子委員長 「やはり町民の命が一番ですので、何しろ7000人しかいない町で、お年寄りばかりですので、皆さんに何かあってはいけないので、そういう点からも是非お出かけをお控えくださいという事でお願いしています」

「わが町へようこそ」と胸を張って言える日が待ち遠しい。

伊豆は静かな春を迎えようとています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ