「新型コロナ専門病院の設置を」医療3団体が提言 川勝知事「考えるべき時期がきた」静岡県

2021年02月12日(金)

地域

新型コロナの感染拡大や変異ウイルスへの対応で医療がひっ迫していることから、静岡県病院協会など3団体が12日、川勝知事に専門病院の設置などを提言しました。

知事を訪れたのは、県病院協会と医師会、看護協会の会長です。

提言書では、まもなく始まるワクチン接種を円滑に進められるよう、県の指導を強化するなど10項目を要望しています。

中でも、感染拡大が更に広がった場合、いまの重点医療機関だけでは対応できないとして、新型コロナの専門病院の設置を強く求めています。

静岡県病院協会・毛利博会長「静岡県としても新型コロナの感染症専門病院というものも可能性として検討していってもらえるとありがたい」

川勝知事「専門の病院までは考えたことがなかったわけですが、これはもう考えるべき時期にきたなと思っております。その検討を始めようと、始めるように指示しております」

このほか、重症化の目安となる血液中の酸素飽和度を測定するパルスオキシメーターを、自宅療養者や濃厚接触者のために確保するよう提言していて、知事は「実現できることから実行していきたい」と約束していました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ