福島県沖地震・静岡県内で最大17万軒余り停電 原因は「受給バランスの崩れ」

2021年02月15日(月)

地域

13日福島県沖で発生した地震により、静岡県内では最大17万軒が停電しました。

火力発電所が停止し、需給バランスが崩れたためだということです。

13日夜に発生した福島県沖を震源とする地震では福島県と宮城県で震度6強を観測し、県内でも御殿場市と富士市で震度4を観測しました。

また富士市や御殿場市など県内の東京電力管内の6つの市と町で最大17万4000軒あまりが停電し、約3時間後に復旧しました。

停電の原因について東京電力パワーグリッドは、地震により福島県などの複数の火力発電所の運転が停止し電力の需給バランスが保てなくなったためとしています。

そのうえで、より広範囲への影響が出ないように組まれたシステムが作動したと説明しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ