ワクチン接種は「時間との闘い」 静岡・磐田市で県内初のシミュレーション

2021年02月15日(月)

地域

ファイザーのワクチンが承認され、17日にも医療従事者への先行接種が始まる見通しです。

静岡県磐田市では13日、県内で初めて集団接種のシミュレーションが行われました。

少しでも多くの人に接種するために「時間との闘い」が行われていました。

磐田市で行われたシミュレーション。

参加したのは市の職員や医師、接種を受ける役は地域住民です。

県内初とあって、県や周辺自治体の職員も見学に訪れました。

磐田市医師会・北原大文会長「(65歳以上)7割5分以上に打つとしても、3万6000人を3カ月の間に打たなくてはなりません。未だかつてこのような大規模なワクチンを接種したことはありません」

未だかつてないという大規模なミッション。

磐田市では医師1人に対して1時間で30人の接種を想定していて、時間内にできるかが課題です。

大村秀行記者 「受付から接種まで、どのくらい時間がかかるのでしょうか。実際に計ってみます」

「36度ですね。手指消毒お願いします」

まずは検温と手指消毒。

受付では身分証明書を提示します。

予診票の係「全部書いていただけますか?」

続いて健康状態などを把握するための予診票の記入。

そして医師との問診に移りますが…。

大村秀行記者 「受け付けから予診票の記入まではスムーズに流れていきましたが、待合室で待つ時間が少し長くなっているように思います」

待合スペースには6人が待っていました。

待つこと5分半、順番が回ってきました。

ー医師との問診ー

医師「注射や点滴でじんましんが出たり血圧が下がって治療したりしたことは?」

住民「ないです。」

医師「じゃあ特に問題ないので、接種できると思います。やりましょうね」

予診票を元に持病やアレルギー反応などについて医師が確認し、接種可能と診断を受けた人は看護師によるワクチンの接種へ。

看護師役「しびれたりはしないですか?」

住民「大丈夫です」

接種が終わると接種済証が発行されます。

係案内「いまから15分間、イスに座って経過観察になりますのでお願いします」

大村秀行記者 「いま接種が終わり、経過観察に移りました。これまでにかかった時間は13分ほどです」

最後に副反応が出ないか15分以上経過観察をして終了です。

トータルでかかった時間は28分。

接種者20人を約40分で完了し、かかった時間は想定通りでした。

住民 「そんなに時間は長く感じなかった。不安より期待の方が多い」

磐田市新型コロナウイルスワクチン対応班・岡部雅さん 「誘導・案内をする人員が1~2名各所に欲しいかなと。(国の)情報を取りに行き、住民が不安にならないような接種体制を4月までに整えたいと考えている」

磐田市は公共施設での集団接種のほか各地での巡回接種も予定していて、さらに準備が続きます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ