本格的な“花粉症”シーズン突入 「新型コロナ」とどう見分ける? 新たな対策グッズも

2021年02月22日(月)

地域

静岡県内ではもう飛散が開始している花粉症。

これから本格的なシーズンに入ります。

似た症状を持つ、花粉症と新型コロナ、私たちはどう見分ければよいのでしょうか?
  
杉村祐太朗記者 「日差しがあたたかくなり、春が少しずつ近づいてきました。ただ、ここからつらくなるのが花粉症です」

花粉症の男性 「つらいですね。肌荒れて、鼻痛くて、目痛いです」

花粉症の女性 「鼻づまりですね。ひどい時は目がかゆくなったりする」

全国で最も早く花粉シーズンに入った静岡県内。

今年の花粉の飛散量は去年に比べると約1.7倍多くなると予想されています。

花粉の多さとともに、今年特に懸念されているのが・・・

花粉症の男性 「新型コロナと区別がつかないとか、いろんな話がありますけど」

花粉症の女性 「鼻とかつまってて、味がたまにわからなくなったりというのもあるので。これは新型コロナかな?とか、すごく日々不安な感じで過ごしています」

新型コロナとの症状の見分け方です。

どちらも風邪のような症状が出ますが、どう見分けたらよいのか耳鼻科医に聞きました。

大石耳鼻のどアレルギー科クリニック・大石篤宏院長 「鼻や目にかゆみがあるかないか、ということが大きなポイントだと思います。基本的に新型コロナでは、かゆいという症状はないですね。目の症状もほとんどないので、目がかゆい、鼻がかゆいという症状なら花粉症の可能性は高いと思います」

また嗅覚に異常が出た場合の見分け方として、鼻づまりがないのにも関わらずにおいを感じない場合は新型コロナの疑い、鼻づまりがある場合は花粉症の疑いがあるということです。

大石耳鼻のどアレルギー科クリニック・大石篤宏院長 「ただ気をつけなければいけないのは、花粉症だけ、新型コロナだけとは限らないことです。花粉症の人が新型コロナに感染してしまうと両方の症状を引き起こしてしまうことがあるので。例えば発熱があるとか、呼吸が苦しいとか、そういういろんな症状があった場合は、新型コロナの事も考えに入れて診察や治療をした方がいいと思うので」

そんな、いつにも増して警戒が必要な今年の花粉症シーズン。

どんな対策をしたらいいのでしょうか?

杉村記者 「こちらのドラッグストアでは1月下旬から花粉症対策コーナーを設置して、ご覧のようにズラリと対策グッズが並べられています」

この店では50種類以上のマスクのほか、顔に吹きかけ、花粉やウイルスをつきにくくするスプレーが人気です。

杏林堂・蒔苗采奈マネージャー 「こちらの商品は4層構造になっていて、ウイルスと花粉の両方に効果があると期待されています」

その名も「医師が考えたハイドロ銀チタンマスク」は、見た目は普通のマスクですが、病院の空気洗浄機のフィルターに使用されているハイドロ銀チタン加工が施され花粉やウイルスをブロックします。

杏林堂・蒔苗采奈マネージャー「手洗いうがいに加えて、このような花粉症対策グッズを併用して予防につなげていただきたいです」

対策グッズはほかにも・・・

「こちらが新商品でございます。花粉の飛沫予防などに関しては、最大約98パーセントカットできる商品になっております」

こちらの眼鏡ショップでは、花粉を98パーセントカットできる眼鏡を発売。

目元にフィットしやすいシリコンのフードで花粉と飛沫をカットします。

Zoff マークイズ静岡店・稲垣晶稔副店長 「通常、花粉が目に付着することによって目がかゆくなるということがございます。眼鏡を着けることで目を掻く動作が減ってくるので、感染対策として期待されています」

花粉に見立てた粉も吹きかけても、目にはほとんどついていません。

この商品の売れ行きは好調で在庫はあとわずか。

花粉を95パーセントカットできるタイプもオススメだということです。

Zoff マークイズ静岡店・稲垣晶稔副店長 「花粉や飛沫をしっかりカットできる。オシャレ眼鏡としてもご利用いただける眼鏡なので、ぜひご利用いただければと思います」

そしてこの時代ならではの対策グッズも・・・

「こちらは何を作っているんですか?」

「はい、花粉症をアピールするための“缶バッジです」

静岡市にある広告制作会社では、県内で新型コロナの感染者が出始めた去年の春から「花粉症だもんでバッジ」を販売。

服やバッグにつけることで、くしゃみの原因が花粉症であることをアピールします。

エスクリエイト・石川雅章社長 「私も花粉症なんですよね。人の目が結構気になりまして。こんな世の中っていやじゃないですか。なのでバッジで少しでもやわらかいというか、気持ちがいいような世の中になればいいなというところで」

バッジは花粉症以外のパターンも含め全24種類。

通販サイト「楽天」で販売していますが、注文の2割は静岡県外からです。

その理由は、静岡県民おなじみのフレーズ「だもんで」です。

エスクリエイト・石川雅章社長 「”だもんで”は本当にかわいらしく相手に伝わる。強すぎず弱すぎずというところがあって。いやな目で見られたり、誹謗中傷で悩んでいる人は、ぜひこのバッジつけてもらって、つけただけで気持ちが楽になると思いますので。そういう人に届けられたらと思います」

新型コロナの影響で、例年以上に気を遣うことになりそうな今年の花粉症シーズン。

自分の体と心を守るため、早めに対策しておくことが必要です。

◆部屋の換気はどうする?◆

花粉症シーズンに頭を悩ませるのは、部屋の換気です。

新型コロナ対策として換気の重要性が指摘されていますが、花粉の流入を防ぐにはどうすればよいか?

ウェザーニュースがオススメしている最適な換気法がこの3つ。

・時間帯は早朝に。

花粉の飛散は気温とも関係があり、気温の低い夜遅くから朝にかけてが、飛散の少ない時間帯です。

・窓の開け幅は10センチほどに。

換気は窓を全開にする必要はなく、10センチ開けるだけでも効果があります。

ただその際、

・レースカーテンは忘れずにしめましょう。

花粉を防いでくれます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ