東京五輪組織委 橋本聖子新会長が就任 静岡県内もたびたび訪問

2021年02月19日(金)

地域芸能・スポーツ

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の新しい会長に橋本聖子氏が就任しました。

静岡県内の関係者も期待を寄せています。

午後4時から行われた組織員会の理事会。

森喜朗前会長の後任として橋本聖子氏の就任が正式に決まりました。

自転車競技やスピードスケートで7度オリンピックに出場している橋本氏は、1994年当時の修善寺町に自転車競技の練習のため県内を訪れていました。

また選手引退後おととしまで日本自転車競技連盟の会長を務め、森前会長とともに伊豆ベロドロームでの東京オリンピック自転車競技の開催に尽力しました。

就任受け入れの報道を受け、川勝知事も「恩義のある方」だと好意的に受け止めていました。

静岡県・川勝平太知事「(スピード)スケートだけでなく自転車のオリンピック選手でもあった方で、本県にも何度も足を運んでくれて会場もよくご存じで、本県にとっても大変恩義のある方。本決まりになれば誠にめでたいことと思う」

また、約10年前から自転車競技連盟の活動を通じて親交がある県自転車競技連盟の松村正之理事長は「レガシーづくりも一緒に考えたい」と、大会後も見据えたオリンピックにしてほしいと話します。

県自転車競技連盟・松村正之理事長 「組織委員会の会長となると、レガシーを含めた大会づくりというのに非常に期待しております。ぜひオリンピックだけでなくオリンピック以降も一緒に考えていければいいかなと思っております」

現職大臣を辞任しての新会長への就任。

県民からも歓迎の声が多く聞かれました。

女性 「橋本さんなら、いろいろねスポーツのほうも幅広くやってらして経験もおありなのでいいんじゃないかと思うんですけど」

別の女性 「私はいいと思います、(Q:どういったところが?)まず女性だということと、若いし、橋本さんだったら今までいっぱいオリンピック出てるし、そういうことでわかってるんじゃないかな」

一方で、森前会長の影響が残るのではという懸念の声も。

女性 「女性側の観点で運営して頂くのはすごくいいんですけれども、森さんと癒着があるような話を聞いているので、そこが心配です。はっきり意見が言えない立場だと思いますので、そこがどうかと思います」

男性 「やっぱり森会長と橋本さんのつながりかな。あとは事務局のほうで既定路線なのかなというところだと思います」

混乱収束に加え、新型コロナの感染防止との両立は。

橋本新会長には確かな発信力が求められます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ