【新型コロナ】静岡県内36人 熱海で“居宅での会食”クラスター発生

2021年02月19日(金)

地域

静岡県内では19日、新型コロナウイルスの新たな感染者が36人確認されました。

熱海市と藤枝市が7人、富士市と浜松市が6人などとなっています。

新たなクラスターが発生しています。

◆熱海市内の居宅で開催された会食(県内78例目)◆

この会食の参加者から19日までにあわせて9人の陽性者が判明し、県は県内78例目の集団感染=クラスターと認定しました。

会食には友人や知人10数人参加していたということで、県はマスクの着用、部屋の換気に問題があったとみて参加者全員の検査を実施するということです。

◆西伊豆町内の介護老人保健施設(1月28日公表)◆

新たに1人の陽性者が判明し、感染者は27人になりました。

◆東部保健所管内での高齢者福祉施設等の職員を対象とした拡大検査◆

県は同保健所管内で変異ウイルスによる陽性者が確認されてことを受け、管内の高齢者施設、障がい者施設の入居者・利用者と接触がある職員を対象に、1月下旬から2月中旬にかけて抗原定量検査を実施しました。

対象は沼津市、三島市、裾野市、伊豆市、伊豆の国市、函南町、清水町、長泉町の5市3町の573施設、約3500人で、このうち約6割にあたる319施設2006人が検査を受け、全員の陰性が確認されたということです。

◆県内感染症指定医療機関等の入院状況(19日正午現在)◆

指定医療機関及び一般病院は23施設90人、このうち重症者1施設1人は、宿泊施設は3施設46人、自宅療養36人、自宅待機21人です。(自宅療養・自宅待機は18日午後5時現在の数字です)

地域別の病床占拠率は以下の通りです。

県東部 16.8パーセント
県中部 23.7パーセント
県西部 22.6パーセント
県平均 21.4パーセント
ーーーーーーーーーーーーー
重症者  3.0パーセント

◆県所管28人◆

居住地は熱海市と藤枝市が7人、富士市が6人、磐田市と吉田町がそれぞれ2人、富士宮市、焼津市、掛川市、西伊豆町がそれぞれ1人です。

年齢は未成年が4人、10代1人、20代2人、30代と40代がそれぞれ1人、高齢でない成人18人、高齢者1人です。

性別は男性8人、女性1人、公表を望まない19人です。

28人のうち20人が県内陽性者との接触で、8人は感染経路調査中です。

[静岡市2人]

静岡市の新たな感染者は2人で、いずれも高齢者で市内の陽性者との接触です。

このうち1人はデイサービスセンターなごみ・特別養護老人ホームなごみ(静岡市クラスター24例目)の2次感染者です。

このクラスターの感染者は21人、2次感染者は5人となっています。

[浜松市6人]

浜松市は6人の新規感染者を公表しました。

いずれも市内の陽性者との接触で、20歳未満が2人、30代と40代がそれぞれ1人、60代が1人、60歳以上の高齢者が1人です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ