静岡・大井川鉄道「今からでも返して」 SL客車から2度にわたり盗難

2021年02月22日(月)

事件・事故地域

「今からでも返してほしい」

静岡県の大井川鉄道の千頭駅に停めてあったSLの客車から複数の部品が2度に渡って盗まれていたことがわかり、鉄道会社が「返してほしい」と訴えています。

川根本町にある大井川鉄道の千頭駅に停めてあったSLの客車。

客車と客車をつなぐ「ほろ」が無残に切り裂かれています。

2月16日に駅員が異変に気づき中を調べたところ、車両紹介の掲示板など部品数点が盗まれているのを見つけました。

煙を上げて川根路を走る人気のSL。

この客車は3年前にJR西日本から譲り受けた「12系」と呼ばれる客車で、室内は昭和レトロな雰囲気を漂わせていました。

まだ一度も営業での利用はしておらず、去年の11月下旬から千頭駅で出番を待っていました。

しかし、譲り受けた時のまま「SLやまぐち」の行き先が書かれていた「方向幕」は・・・

無残にガラスが割られ持ち去られてしまいました。

また去年12月にも客車の窓ガラスが割られ、車掌が扉の開け閉めに使う「車掌スイッチ」や「非常用ブザー」が盗まれていたということです。

いったい誰が盗んで行ったのでしょうか。

大井川鉄道は「鉄道はみんなで楽しむものであり、1人で独占するものではないはずです。鉄道ファンを裏切る行為です。いまからでも返してほしい」と話しています。

大井川鉄道から被害届を受けた島田署は窃盗容疑で捜査しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ