「対策自信あったが…」“要の病院”浜松医療センターでクラスター

2021年02月23日(火)

地域

浜松市内の新型コロナ患者受け入れ重点機関である浜松医療センターで集団感染が起こりました。

病院は新たな新型コロナ患者の受け入れをストップする状況になっています。

浜松医療センター・海野直樹院長「職員2人、患者4人の陽性が確認されました。クラスター発生ということで報告する次第となりました」

浜松医療センターによりますと、22日午後6時頃 一般病棟の20代の女性医療従事者が、発熱などを訴え検査をしたところ、陽性とわかりました。

このため、同じ病棟の患者や職員合わせて252人の検査を行い、同じ部屋の患者3人とその向かいの部屋の患者1人の感染などがわかり、感染者は合わせて6人となりました。

感染経路は不明ですが可能性として、市中感染した職員が持ち込んだケース、患者の入院時の検査で偽陰性だったケース、特別に許可した面会人や付き添いからの感染のケース3つを挙げました。

浜松医療センター・矢野邦夫院長補佐「これだけのことをやっていても、クラスター発生したんだなという受け止め。1回抗原検査が陰性であっても油断はできないと再認識しています」

浜松医療センター・海野直樹院長「当院の対策に対して自信もあったが、今回事例が出てもう一度体制を見直す必要がある。当面新型コロナ患者の受け入れを停止させていただくことにした」

浜松医療センターは新型コロナ患者を重点的に受け入れる病院ですが、これ以上は受け入れられないとして最大2週間程度コロナ患者の受け入れをストップ。

ただし一般の救急や外来は継続します。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ