静岡・県立総合病院と桜ヶ丘病院「連携推進法人」申請の行方は? 川勝知事「一度僕に見せて」

2021年03月26日(金)

地域ビジネス(政治・経済)

静岡市清水区の地域医療発展に向け、医療推進法人の設立を目指している県立総合病院と桜ヶ丘病院。

県は一時、法人発足の認定をしましたが、その後取り消しています。

26日会見を開いた県立総合病院と桜ヶ丘病院。

それぞれの運営機構は業務連携を推進する「地域医療連携推進法人」の申請を行っていて、4月1日からは県立病院機構の森典子企画情報統括監が桜ヶ丘病院の副院長に就任します。

一方、25日、県は法人発足の認定を出していましたが、その後取り消しています。

県は不手際で知事に意見を聞く前に局長による専決決裁をしてしまったとしています。

急きょ取り消しとしたことに川勝知事は。

静岡県・川勝平太知事「今回の場合、重要な案件でしょ。残念ながら手続きを急がれて専決されてしまった。これは専決するべき筋のものではないので、一度僕に見せてくださいと」

ただ、県への申請の際、川勝知事は桜ヶ丘病院の津波想定区域への移転に苦言を呈しており、県は認定の見通しについても明言していません。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ